相場にも幅が出ます

墓

石材や彫刻の費用などで

世界各国で故人の供養の仕方は様々ではありますが、日本で故人を供養するとなるとお墓を立てる人が多いでしょう。故人を気持ちよく供養するためにお金のことはあまり考えたくないという人もいますが、お墓を立てると墓石代などの費用がかかりますので、知っておいて損はないはずです。特に墓石代は石の種類や彫刻料、追加したいオプション品や加工がある場合には総額がずいぶん変わっていきますので基本を抑えておきましょう。まず、墓石代にかかる費用の相場は、全国平均で約120万〜175万程度となっています。しかし、墓石代は地域や依頼をする石材店などにより費用が変わりますので注意して下さい。また、墓石代の基本的な内訳は、石材の費用や設置費用、文字の彫刻費用の3つです。中でも墓石代の値段の大部分を占めるのが、お墓のパーツである竿石や外柵、カロートや花立、さらには香炉といったものを作るための石材の費用です。石材の費用は石の種類や石の産地がどこであるか、石材の使用量がどれくらいであるかなどで価格が高額になったり、低額になったりしますので現状にあったものを選びましょう。他にも、墓石代の費用の中には設置費用というものがあります。これはお墓の基礎工事をしたり、クレーンなどで墓石を運んだりするなどの墓石を設置する際にかかる費用のことです。それに加えて、購入した墓石に家名や題字、建立者名や建立日などを掘るためにかかる文字の彫刻費用もあります。石材の費用や設置費用、文字の彫刻の費用は石材店により掛かる値段が違いますので、色々な石材店を比較してより良い石材店を選びましょう。