専門の会社への依頼

女性

急に柏原市で葬儀を行うことになった時、喪主となる人は色々と決めていく必要があります。頼りになるのが柏原市の葬儀専門の業者です。実績を踏まえたよきアドバイスをしてくれるでしょう。地域密着型に相談すれば、滞りなく葬儀が終わります。

詳しく見る

家族葬から一般葬まで

棺桶

香取には葬儀会館や寺院での葬儀をサポートしてくれる業者が複数あります。どのようなスタイルでどのくらいの参列者が予定されるかや予算などを含めて検討しましょう。スムーズな葬儀に結び付くよう、事前の検討や生前相談もおすすめです。

詳しく見る

相場にも幅が出ます

墓

日本では故人を供養するためにお墓を立てます。しかし、お墓を立てると墓石代などでお金がかなりかかります。墓石代の基本的な内訳は石材の費用や設置費用、文字の彫刻費用の3つです。中でも墓石代の大部分は石材の費用なのですが、お墓を立てる地域や石材店により費用が変わりますので気をつけて選びましょう。

詳しく見る

100万円以内のプラン

花

100万円以内の予算で柏原市内でお葬式を行うときには、複数の葬儀業者の料金体系を調べたり、会員制度を活用するのがポイントです。会場までのアクセスと設備にこだわることも大切であり、セレモニーのサポートが手厚い葬儀会社を選ぶのが理想的です。

詳しく見る

見積もりを取る

葬儀

香取で葬儀を行うことにしたのなら、香取で葬儀業者を選びましょう。いくつかの業者から見積もりを取り比較します。時間があれば業者を訪問して、直接、話してみるのもいいかもしれません。あとはサービス内容などから決断しましょう。

詳しく見る

お墓を作る

墓

素材の違いに着目

身近な人が亡くなった時には、葬儀や葬祭を執り行う必要があります。以前であれば、大規模な葬祭を行なうのが一般的でしたが、今では親しい親族や家族だけでしめやかに執り行う家族葬も人気です。人気の高い葬儀に関して問い合わせを行なうなら、横浜を中心に全国各地に支店を持っているような葬儀会社を利用すると安心です。なお、お墓を建てるタイミングとしては、1年忌を迎えるまでとする家庭が多い傾向にあります。葬儀で故人を送り出した後には、じっくりとお墓の準備を行ないましょう。お墓を作るといった時に重要となってくるのが墓石の石の種類です。一般的に使われている墓石は御影石(花崗岩)で、おそよ80%以上は御影石による墓石です。御影石以外には閃緑岩、斑糲岩、安山岩などが使われますが、いずれも火山岩であり硬い石が使われています。またこれら鉱物学的に分類はあるものの墓石で重要となってくるのは、その石の性質と産地になります。墓石に限らず石材に求められることは密度が高いことです。密度が高いと非常に硬く水分が石の中に浸透しません。現在の墓石ではあまり見られることはありませんが、石は水を吸うことで割れの原因となりますから、密度が高い石ほどそれを防ぐことができ、長持ちさせることができます。この石の性質は産出地で変わってくるため石を選ぶさいに産地が重要視されます。現在、日本の墓石の殆どは海外からの輸入品となっています。輸入先としては中国やインドが多くを占めています。費用を抑えて作りたい場合には輸入品という選択肢がありませんが、ある程度の価格になると国産のは石でも値段がそれほど変わらなくなります。このため予算に応じて石の種類を選ぶことが重要です。なお、石の価格のほか人件費も必要です。格安で売られている墓石というのは海外で加工された上で輸入されているものもあり、この場合には日本国内では墓標を掘るだけといった作業のみでそれ以外の手間を海外で行うことで費用を下げているものもあります。